スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
組ひもストラップ♪
2015 / 02 / 20 ( Fri )
携帯のストラップがへたってきたので、組紐ってみました♪

組紐ストラップ

唐八つ組です。

糸はリリアン♪
この前に25番刺繍糸とか20番レース糸なんかも試してみましたが、
なかなか悲惨な結果に(笑)。
適度なハリと艶がないと映えない。・・・ようだ。
最終的にリリアンに落ち着くまでにいっぱい糸を無駄にしちゃったよ…。


組紐は1年ちょっと前にキット付きの本でデビューしまして()。
ビーズを入れて現代的にアレンジするというのがコンセプトなのは
分かるのです。
作品も気に入っていました。あれからずっと携帯につけてましたし。
でも、初めてさんがいきなりアレンジver.に面しても、
コレじゃない…感ばかりが強くて。

その後に出たコチラ↓の本。

かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方
(2014/04/11)
多田 牧子

商品詳細を見る

これは基礎重視で。組み方も色々と載っていて、
コレだよ!コレ!と即決で購入してあったのでした。

1/3が丸台、1/3が組ひもディスク、残りが組ひもプレートのデザイン。
持っていなかった組ひもプレートもすぐに準備したくせに、
やっと手がつけられました(笑)。

まだまだ色々な組み方が載っているので、順に作ってみたいのです。
・・・が、使い方がストラップ以外に思いつかないのが悩ましい。
(本には作例も載っているんだけどね。アクセは嫌いだし…)
この子がへたれるまで、また出番なしかなぁ…?

組紐。
糸がどういう風に動いているのかイマイチ理解できてないけど、
指定通りに動かしているだけで綺麗な模様が織りあがってくるので
楽しいのです♪



関連記事
スポンサーサイト
その他手芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
初!組ひも♪
2013 / 10 / 18 ( Fri )
で。
組ひもストラップできた♪♪

組ひも

分かりづらいですが、ピンクと藤色の2色で縞々になっています。
下側はこのままフリンジにして好みの長さで整えるのですが、
これに何かつけるつもりなので、それとのバランスを見てから。

組ひもディスクってば凄いわ!


組ひもって専用の台と糸巻きが必要で、とっつきにくいイメージですが。
↓コレ。もっと大きいのもあるよね?
(このイメージの95%は組紐屋の竜@仕事人で形成されています(笑))

組みひも (カラーブックス 409)組みひも (カラーブックス 409)
(1977/01)
原野 光子

商品詳細を見る


組ひもディスクがあれば、手で持って作業できちゃうのね~。
↓こんな簡単なものなのに。

やわらか樹脂(ポリエチレン発泡)の中央に穴を開けて、
周囲にスリットを刻んであるだけ。
これ自体も手作りできそうな簡易さ(笑)。

それなのに、これだけで組紐が出来ちゃう。
アイディアの勝利ですな~♪


続きを読む
関連記事
その他手芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
組ひも入門?
2013 / 10 / 17 ( Thu )
カード織りについて調べていて、何故か組ひもがやりたくなる(笑)。
簡易な織物・紐という点で私の中では何となく繋がっているのだ。

ところが、組ひもって現在はほとんど本がないのね。
日本の伝統工芸なのにー。
海外のカタログにも「Kumihimo」で載ってるのにー()。

ところが、ところが!
何と今年の夏に出たばかりの新刊があるではありませんか。

かんたん組ひもアクセサリー 組ひもディスクとビーズで作る (Heart Warming Life Series)かんたん組ひもアクセサリー 組ひもディスクとビーズで作る (Heart Warming Life Series)
(2013/07/31)
多田牧子

商品詳細を見る

キット付!
組ひもディスク付!!
これさえあれば、お試しできちゃう訳だ。
しかも、キット作品がピンク基調でじぇるさん好み♪


・・・
・・・
組ひもの基礎が全く載ってないぞ…。
ディスクを単体で買ったなら付いてくる説明書に書かれているであろう
超簡単な解説さえないよ。

お試し入門キットが付いている初心者向け本かと思ったら、
まさかの経験者向けですよ…。
恐らくビーズを入れる技法が目新しいのかと思われますが、
初めてさんお断り仕様だったとは…。

キット作品の作り方自体は細かなコツまで丁寧に解説されているし、
技術的に高度なテクニックを要する様子でもなさそうではあるが、
私が学びたかったのはコレジャナイ…。


続きを読む
関連記事
その他手芸 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。